Tipi      EARTH WORKS
                 ティピーテント

アメリカのプレイリーインディアンにとってティピーは「ふるさと」のようなイメージで捉えられてきました。自然と調和して生きてきた生来の芸術家ともいえるインディアンが工夫に工夫を重ねて完成させたティピー。冬は暖かく、夏は涼しく、嵐にも強くしかも持ち運びが出来て建てやすい。バッファロー狩りに移動し生活するインディアンにとって美学であり、精神世界をも満足させてきました。

空高く伸びる円錐形のティピーの中に、優しい光に満たされた精神が磨かれるような空間が広がり、丸い形は自分たちを取り巻く「自然」「地球」「空」「四季」「生命」を表しているかのようです。

ティピーはスウ族の言葉で「住むところ」

北の民族、ラップ族、シベリア人、カリブエスキモーはみな円錐形の動物の皮で作ったテントに何百年も暮らしてきました。大草原でバッファローを追って生活していた民俗が、いくつかの改良を加え現在の特徴的な形を作り出すのです。完全な円錐形だったものを風に耐えるようにやや傾け、背面を少し垂直に近づけ、耐候性を上げ、頭上のスペースを広げ、テント前面の傾斜をゆるめ、そしてスモークフラップを取り付けることにより中央のファイアーサークルでの焚き火の換気をスムーズに行うことができるようになったことなど、住居として機能性をの完璧さはもちろん、優雅な外観が今に受け継がれているのです。

アースワークスのティピーは、昔から適切なポール素材として使用されてきたロッジポールパインを、基本構造に、ジャイアントスタイルのやや大きめのんスモークフラップを備え、本体はバッファローの皮に変わって、機密な二重織のコットン時を使い、自然と折り合いをつけ生きてきたアメリカンインディアンの工夫や知恵をそのままに、自然を大切にし、自然の中で、自然をより身近に感じることのできるティピーを制作しています。

野外計画では、アースワークスから本体を輸入し、岐阜県の杉材をポール材と使用した構造でご提供しております。

Tipi 大解説!〜自然と身近に感じる居住空間〜

tipi phot old00008.jpg
tipi 00032.jpg
tipi 00025.jpg

Pole   ポール : poles

3本のポールを基本構造に持ちます。細くて、太さが均一な材木として、メイティブアメリカンはロッジポールパインを使用していました。日本では、岐阜県**から同じ機能を持った素材で優雅なシルエットを創り出します。

Liner  ライナー : Liners

ポールの内側に地面につけて張られるライナーも大きな役目をしています。外側に張られた本体カバーは地面から5cmほど浮かせてあり、この組み合わせにより外気がカバーとライナーの間に引き込まれ、スモークフラップから吸い出される流れが生まれます。また、ライナーは本体カバーとの間に空気の層を設けて断熱性を高め、暑さ寒さを凌ぎやすくしています。

Smoke Flaps  スモークフラップ : Smoke Flaps

ティピーの最大の特徴は、中で焚き火ができることです。煙を逃すための開口部についているスモークフラップを、風下に開くことで、風の力で煙が吸い出されます。

スモークフラップは雨が降れば折りたたみ、雨水はポールを伝って室内を濡らすことなく外に道位びかれるなど、隅々まで大自然で快適に生活するための工夫と知恵が詰まった作りとなっています

Ozan   オザン:Ozan (オプション)

オザンはスウ語で「カバー」を意味し、背面のライナー上部に設置する室内屋根でっす。火の暖かさを保つだけでなく、水滴をライナーの後ろに流す役目もあります。

Grand Sheet   グランドシート (オプション)

ティピー本体と同じ生地を使用した、マリンバテックスという

処置を施した防水性と防カビ性をもたせた素材です。

Tipi  user's voice !

DSC_2708.jpg

CIMA たてやま体験センター (千葉県 館山市)

千葉県南房総、丘陵地帯にあるキャンプ場。キャンプライフを楽しむだけなく、豊かな自然体験活動を提供する。Tipiテントは宿泊利用や自然体験活動時のフリースペースとして室内で焚き火をしながら利用。Tipiテントはキャンプ場のシンボル的な存在である。

morinos200819_030-1280x854.jpg

岐阜県立森林アカデミー (岐阜県 **市)

森林を科学する、県立の大学。**年より森林を活用したフィールドに**が開設。Tipiテントはプレイパークのような位置付けで創られる一角に鎮座。日中は「森のようちえん」、夜は学生たちが語らう「場」となっている。

tipi phot old00012.jpg

小野川湖レイクショア野外活動センター

                     (福島県 裏磐梯)

日本で初めてアースワークスティピーテントを設置したキャンプ場。

​Tipiは、グリーンシーズン(6月〜10月)に、誰もが使える場所として、シンボル的として親しまれている。

● 各施設、内覧可能です。内覧をご希望の方は office@yagaikeikaku.com までお問い合わせください。

Tipi フォトギャラリー (画像をクリックして全画面でご覧ください)

Tipi よくある質問

26日に完成させる…

Tipi 料金

料金表 Tipi.001.png
ポール&麻ひも.JPG
レーシングピン.JPG
ペグ.jpg

Tipi お問い合わせ先

logo 1.gif
株式会社 野外計画
     ​〒141-0031 東京都品川区西五反田 7-8-11  2F

                Tel:03-5436-6444   Fax : 03-6700-1772
           Mail :  office@yagaikeikaku.com
logo onogawako.png